新着情報

2019.10.30

足の話 その2

みなさんこんにちわ、桂はりきゅう整骨院の後藤です
本日も前回に引き続き足のお話をさせていただきたいと思います
前回のアーチのお話を読んでない方はそちらから読んでいただくとわかりやすいと思いますので是非読んでみてください😊

読んでない方は↓

足のお話  その1

今回のテーマはアーチ別のなりやすい怪我についてです!

前回扁平足は柔らかい足で内側に倒れやすいため下肢の内側の怪我が多く、逆にハイアーチは硬い足で外側に体重が乗りやすいため外側の怪我が多いという所まではお話しました!
では、実際どんな怪我が多いかをご紹介していきます🙋‍♂️
まずは扁平足
⓵足底腱膜炎

⓶外反母趾

⓷足の甲の痛み

⓸足関節の外反捻挫「内側の靭帯損傷」

⓹シンスプリント

⓺足の疲れ「筋スパズム」

⓻膝内側の痛み

などの怪我のリスクになります
ハイアーチでは
⓵足底腱膜炎

⓶足の甲の痛み

⓷足関節内反捻挫「外側の靭帯損傷」

⓸第5中足骨疲労骨折

⓹腸脛靭帯炎「ランナー膝」 

などの怪我のリスクになります!
また、足底腱膜炎や足の甲の痛みはメカニズムは違いますがどちらの足でもなりやすいという特徴があります
足のアーチに問題があるだけでこんなに怪我しやすくなってしまいます😭
と言うことは逆にアーチを正す事で怪我のリスクを減らす事もできるという事です😳
また上記のような怪我をしている方は
アーチへの介入もしてあげたほうが治りが早い場合も多いです😋

足のアーチの大切さ少しずつわかって頂けたでしょうか😊

次回はアーチを正すために実際どーすればいいのって?話をしようと思います!

次回にご期待ください(笑)

※一部の画像はSUPER FEET代理店のインパクトトレーディング様の画像を利用させていただいております

2019.10.24

10月28日午前中の休診について

10月28日月曜日はトレーナー活動のため、午前中のみ休診とさせていただきます。

午後からは通常通り診療いたします。

ご迷惑をお掛けしますがご理解のほどよろしくお願いします。

福島市   鍼灸   整骨院   肩の痛み   腰の痛み   膝の痛み   スポーツ  扁平足  インソール  トレーナー

 

2019.10.17

足のお話  その1

みなさんこんにちは!桂はりきゅう整骨院の後藤です

今日は足のお話をすこーし?したいと思います!足には色々な機能、構造があるのですが今日はまずはアーチのお話です😇
足には内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチと呼ばれる3つのアーチがあります!
       

 

 

 

 

 

すごく大事な構造でこの構造が壊れてくると色々な問題が発生してしまいます😭
最近は子供の頃から裸足で運動する機会の減少やヒールの高い靴を若いうちから履く事があったりなど足に色々な変化が起こりやすい環境になっています。

このような問題でこのアーチ構造が変化し危機的な状態になりつつあります!

「もしかしたら地球温暖化より深刻では無いのか!?😂」と後藤はとても気にしています。
そこでこの危機を少しでも改善できれば!!と思いアーチのお話をしたいと思います!!

ぜひ最後までお読みください!!読んでくれた方には後藤からステキなプレゼントが・・・・・・!

まずは皆さんも聞いた事はあるかと思います、扁平足とハイアーチについてお話します!
扁平足とは内側縦アーチが減少している状態、ハイアーチとは内側縦アーチが過剰な状態の事を言います

人は通常歩行の際に足をつきアーチを低下させ柔らかい足を作る事で衝撃吸収をします、その後アーチを上げて硬い足を作る事で地面を蹴るというサイクルを無意識に行っています!

これが内側のアーチが崩れてしまうと扁平足と呼ばれる足型になります。
扁平足は通称柔らかい足と呼ばれ
衝撃吸収は得意ですが足を硬める事が苦手なので地面を蹴る際に余計な力が必要で足が疲れたり筋肉を余分に使わないといけなくなります。

 

内側のアーチが高すぎるとハイアーチと呼ばれる足型になります。

ハイアーチでは通称硬い足と呼ばれ
力の伝達が得意なので地面を蹴るのには適していますが衝撃吸収が苦手なため関節などに過剰な負荷がかかり障害につながりやすいです。

 

扁平足では下肢の内側の怪我を多く、ハイアーチでは下肢の外側の怪我が多いなどの特徴もあります。

足部が崩れる事で色々な障害につながってしまうのです😭

このように立位の姿勢で足の形を見る事もできるのでぜひこの機会に一度ご自身の足を改めて見てみてください😇

足部は体の土台です。住宅で言う基礎の部分になります。

足元の状態はふくらはぎや、膝、股関節や骨盤にまで影響を引き起こします。

痛みや不調の原因は様々ですので正しい状態把握をすることがオススメです。

福島市で一番足に理解のある整骨院は桂はりきゅう整骨院です!

では次回は足型によって発生しやすい傷害について書きたいと思います。

2019.10.16

桂はりきゅう整骨院から10月のお知らせになります

桂からのお知らせです!

10月22日(火・祝)は土曜日と同じ時間帯診療いたします。

AM  8:30〜12:00

PM  14:00〜17:00

スポーツの秋、大会が多いシーズンです。楽しく体を動かすためにはコンディショニングは大切です。

お気軽にご来院ください^ ^

スポーツのケガ、腰痛、肩こりは桂はりきゅう整骨院まで

2019.09.12

桂はりきゅう整骨院9月のお知らせ

みなさんこんにちは

桂はりきゅう整骨院からのお知らせです。

9月23日(月)は土曜日と同じ受付時間で元気に診療いたします。

9月28日(土)は学会参加、国民体育大会サッカー少年男子チーム帯同のため休診とさせていただきます。

ご迷惑お掛けしますがご理解の程よろしくお願いします。

 

2019.08.31

休診のお知らせ

本日は国体チーム帯同のため休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いします。

2019.08.08

お盆休みのお知らせ

お盆休みのお知らせになります。

11日(日)〜14日(水)まで休診とさせていただきます。

ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

2019.07.25

セミナー受講してきました。

先週末はお休みをいただいてセミナーを受講してきました。

以前から受講していたSFMA Level 2 を受講してきました。

SFMAとは動作を正しく評価し、機能不全の原因を探るというもので、アメリカやヨーロッパでも使われている評価ツールになります。

触診もものすごく大切ではありますが、患者さんを正しく評価(状態把握)するためには、触診、動作、問診、SPテスト等を包括的に使うべきだと思います。

正しい評価(状態把握)することにより、

施術に対するTRY  &   error  を減らしてクライアントに対しコミットした施術ができるようになります。

福島で痛みを取る、不調を治すなら桂はり・きゅう整骨院と言われる様にスタッフ一同、精一杯精進して参ります。

体の不調、痛み、痺れのお悩みは桂はり・きゅう整骨院まで!!

 

2019.07.18

桂からのお知らせ(7月)

梅雨が長い7月になりますね。

梅雨の時期はギックリ腰等を起こしやすい季節になります。

ギックリ腰は普段からの腰の使い方(物の持ち方など)も関わってきますので正しい姿勢と動きに気をつけて生活してください。

桂からのお知らせです。勉強会や大会帯同などで院長の不在、休診の日が御座いますので確認いただきますようよろしく御願いします。

 

2019.06.01

桂からのお知らせ

昼間は暑く夜は若干肌寒い日が続いています。

寒暖の差は体力を消耗します。

しっかりとした食事と適度な運動、十分な睡眠を心がけましょう!!

6月10日(月曜日)はトレーナー活動のため、午前中のみ休診とさせていただきます。

午後からは通常通り治療いたします。

ご迷惑をお掛けしますがご理解のほどよろしくお願いします。

1 2 3
TEL:024-529-7681お問い合わせアクセス
一番上に戻る
LINEで簡単予約!お気軽相談LINEで簡単予約!お気軽相談