スタッフ紹介

福島市で鍼灸院・整骨院は、桂はり・きゅう整骨院

No.1:齋藤 桂太

Keita Saito

齋藤 桂太|桂はり・きゅう整骨院

桂はり・きゅう整骨院の院長をしております齋藤桂太と申します。

患者様一人一人を大切にし地域に根付く医療を目指して精一杯頑張っていきたいとい思います。

プロフィール

【名前】齋藤 桂太(さいとう けいた)
【ニックネーム】院長、パン
【誕生日】9月30日
【趣味】治療の勉強、漫画読み
【特技】バスケット
【座右の銘】
「初心忘るべからず」「一期一会」
【好きな筋肉】下腿三頭筋・上腕二頭筋
【好きな骨】圧倒的に膝蓋骨
【好きなブランド】
underarmor JORDAN BRAND
【好きな食べ物】
ただいまダイエット中 お酒は我慢できたのにカレーは我慢できなかった=カレーが1番!

経 歴
 
  • 1983年:福島県郡山市生まれ
  • 2002年:日本大学東北高校卒業
  • 2005年:福島医療専門学校柔道整復師科卒業
    「柔道整復師」免許取得
  • 福島医療専門学校鍼灸師科卒業
    「鍼師・灸師」免許取得
  • 福島医療専門学校第一附属整骨院勤務
  • つつみ鍼灸整骨院 勤務
  • 福島医療第二附属整骨院 福寿会整骨院勤務
  • ラソラックス鍼灸整骨院 勤務
  • 2010年:桂はりきゅう整骨院 開業
ライセンス

★ 柔道整復師(国家資格)
はり師・きゅう師(国家資格)
★ active release technic. provider full body
SFMA FMS PRI NKT
★ EBFA Bear foot. Smart. Tools
★ JPFC. Foot. Care master
★ 福島県体育協会認定アスレティックトレーナー

現在の院外活動
:形式的に必要
  • 福島県バスケットボール国体チーム(成年男子・成年女子・少年男子)
  • 福島県サッカー国体チーム (少年男子)
  • 福島県バレーボール国体チーム(成年男子)
  • 福島県立福島工業高校サッカー部
  • 日本大学東北高校バスケットボール部
  • バレーボールTeam
  • 福島教員Team

<その他>

  • 各種目高校スポーツ大会のサポート
  • スポーツ少年団大会サポート
  • 各種指導者講習会講師

ヒストリー

齋藤 桂太小学生の頃からバスケットボールを始めて、今現在もクラブチームでバスケットボールを楽しんでいます。

人生の転機となったのは高校二年生の冬、ウインターカップの県大会直前。

試合形式の練習中、後輩の選手と激しくぶつかってしまい左大腿部を負傷。

県大会は絶望だと思いました。

ウインターカップは3年生の最後の大会で負けたら引退となります。

なんとか先輩を全国に連れていきたいという思いがあり、藁をも掴む思いでチームメイトの紹介してもらった鍼灸院に行きました。

初めての鍼治療はとても緊張したのを覚えています。

先生の丁寧な治療を受け、痛みはあったもののなんとかプレーできるまでに回復しました。

結果は全国大会には届きませんでしたが、このケガが僕の夢を大きく変えました。

それまでは一生バスケットと関わりたいと思っていたため、高校の教員になろうと思っていました。

しかし自分自身がケガをし、教員とは違うバスケットとの関わり方を見つけました。

それからはトレーナーとして、治療家としてバスケットボールや様々なスポーツと、痛みに悩む人々と関わって行きたいと思うようになりました。

齋藤 桂太|桂はり・きゅう整骨院

高校卒業後、地元にある福島医療専門学校に入学に私の治療家への一歩が始まりました。

要領が良かったのかあまり勉強にも苦労せず、楽しい学生生活を送っていました(笑)

柔道整復師の資格取得後は鍼灸師の資格を取ろうと思っていたので、3年生の時鍼灸科入学の為の面接を受けました。

その時に、鍼灸科入学の許可と卒業後に学校の付属の治療院で働く事が決まりました。

いざ資格取得後に付属の治療院で働いてみると、想像していたよりもたくさんの問題がありました。

資格取得後すぐの柔道整復師とは、世間的には先生でもやっぱりペーペーです。

もちろん私もそんなに違いがありません。

そんな不安を抱えている中、1人の患者さんが

「先生若いね。私の体を師匠だと思って、頑張って治療してね」と言われました。

当時の治療院の環境は、誰かに色々教えてもらえるわけではありません。

どちらかと言えば放り投げられたような環境でした。

1人で治療を学んでいた私には、

患者様の一人一人が身をもって「治療とはなにか?」と言うことを教えてくれたお師匠の様な存在でした。

施術がうまく行くときもあれば、変化がないときもあり、もしかしたら痛みが強くなってしまった方もいたかもしれません。

そんな経験の全てがお師匠の無言の言葉として、私のなかに根付いています。

齋藤 桂太|福島市の桂はり・きゅう整骨院『初心忘るべからず』

私の座右の銘です。

中学生の時、顧問の先生によく言われた言葉です。

初心を忘れず、感謝を忘れず、今の私にできることをしっかりとし、毎日の施術をしっかりと行いたいと思います。

治療家、トレーナーを目指して16年。

まだまだ先は見えませんが、たくさんの人を助けられるよう今の自分に満足せず精一杯努力して行きたいと思います。

No.2:高野 龍雅

Ryuga Takano

高野 龍雅|桂はり・きゅう整骨院

はじめまして。スタッフの高野 龍雅です。
若さを活かして元気に誠心誠意をもって治療させていただきます!

プロフィール

【名前】高野 龍雅(たかの りゅうが)
【ニックネーム】りゅう、TRG
【生年月日】1994.07.05
【趣味】スポーツ観戦、ドライブ、自分磨き
【特技】バスケット、ボウリング
【キャッチコピー】
「全ては患者様の『よくなりました!』の為に!」
【好きな筋肉】三角筋、下腿三頭筋
【好きな骨】鎖骨
【好きな漫画】 SLAM DUNK
【好きなアーティスト】
SEKAI NO OWARI 、WANIMA 、Alexandros

経 歴
  • 平成6年:福島県福島市生まれ
  • 御山小学校 卒業
  • 福島第四中学校 卒業
  • 福島県立 福島工業高校 環境化学科 卒業
  • 桂はり・きゅう整骨院 丁稚奉公(笑)
  • 福島医療専門学校 柔整科 卒業
  • 桂はり・きゅう整骨院 勤務
  • 福島医療専門学校 鍼灸科 入学
ライセンス

柔道整復師(国家資格)
はり師・きゅう師(国家資格)

ヒストリー

私も院長と同じく小学校3年生の時からバスケットを始め、今でもクラブチームでやっています。

高校1年の夏には左腰椎分離症になってしまい、リハビリの3ヶ月がありました。

左の分離症が治りバスケットに復帰したのもつかの間、今度は右の腰椎分離症になり、またリハビリ生活に逆戻りしてしまいました。

その時に、弟の紹介で出会ったのが「桂はり・きゅう整骨院」でした。

治療してもらってこんなに痛みが取れるのかと驚きを実感し、治療とリハビリを両立していき、左の分離症の時よりも早く復帰する事が出来ました。

しかし、復帰して1ヶ月後、左膝の離断性骨軟骨炎という膝の軟骨が離れてしまう大きな怪我をしてしまいました。

整形外科のDr.には「まだ1年の冬だけど、君はもう高校バスケは難しいかもしれないね」と告げられました。

「手術したら3年の最後の大会には走れる様になるかな?」とも言われ、ほとんど選手生命の終わりを告げられました。

それはまさに絶望的な出来事でした。

それでもバスケットを続けたいという気持ちが強く、私は手術を受ける事にしました。

リハビリを徹底的に行い、復帰は難しいと言われましたが、わずか半年でバスケットに復帰する事ができました。

それからはケガと向き合う事の大切さを知り、桂はり・きゅう整骨院でケアをしながら、高校3年のウィンターカップまでプレーする事が出来ました。

高野 龍雅|福島市の桂はり・きゅう整骨院

こんな私が治療家を目指したのは、桂はり・きゅう整骨院へ通院している頃。

就職活動を控えていた私に、院長が

「進路はどうするんだい?こういう医療の業界に進んで一緒に働かないかい?」

と、声を掛けてくださったのがきっかけです。

怪我で悩んでいた時に助けてもらった私は

「今度は怪我で悩んでる人を助けたい」と思い、治療家を目指す事を決めました。

いざ専門学校に通ってみると高校までほとんど勉強した事がなかった為、柔道整復師になるための勉強に苦労はしました。

赤点もそこそことりました(笑)

それでも自分の夢を叶えたいと思い、毎日机に向かい勉強し、なんとか国家試験に合格し柔道整復師になる事ができました。

国家試験を受かり柔整師になってからは怪我の症状が教科書通りではないこと、いかに患者さんの状態を分かりやすく説明をする事、なかなかとれない痛みの治療などと国家資格を取ってからの方が 勉強の足りなさを実感しました。

「医学的根拠に基づく施術をする」

とてもシンプルですがこれほど難しい事はありません。

仕事後も残って本を読んだり、分からない事を院長や先輩スタッフに聞いたり教えてもらいながら、時には厳しく、ごく稀に優しく(笑)

少しずつ理想の治療家に近づいていけていると実感しています。

高野 龍雅|福島市の桂はり・きゅう整骨院今の目標は、苦痛で悩んでる患者様を少しでも楽にして、喜んでいただく事。

それが今の目標であり私の活力源になっていると思います。

まだまだ技術や知識を身につけて沢山の方を治療していけるように 日々努力していきたいと思います。

若さを活かして元気に誠心誠意をもって治療させていただきます!

今後ともよろしくお願いします!

No.3:村田 奈津実

Natsumi Murata

村田 奈津実|福島市の桂はり・きゅう整骨院

初めまして、スタッフの村田 奈津美です。
宜しくお願い致します。

プロフィール

【名前】村田 奈津実(むらた なつみ)
【ニックネーム】なつ
【誕生日】6月27日
【趣味】DVD鑑賞 / Cafe巡り
【座右の銘】
「 諦めからは何も生まれない 」 「 前後裁断 」
「 患難 忍耐 錬達 希望 」
【好きな筋肉】上腕二頭筋 / 大胸筋
【好きなアーティスト】
清水翔太 / 山猿 / IDLMs.
【マイブーム】 スタバのカスタマイズ♪

経歴
  • 1995年:福島県二本松市生まれ
  • 2008年:二本松市立小浜小学校 卒業
  • 2011年:二本松市立小浜中学校 卒業
  • 2014年:聖光学院高校 普通科進学コース 卒業
  • 2018年:尚絅学院大学 現代社会学科 卒業
  • 2018年:福島医療専門学校 柔整科 入学

ヒストリー

バレーボール

私は小学校3年からバレーボールを始め、大学まで続けていました。

何となく始めたのがきっかけでしたが、中学・高校・大学はバレーボールをやっていたおかげで、受験に苦労することなく入る事ができました。

高校からはほとんど休みがなかったので、怪我も多く、痛みを抱えながらプレーしていました。

そんな時、仲の良い友人に紹介されたのが「桂はり・きゅう整骨院」でした。

最初は緊張していましたが、院長をはじめスタッフの先生方がとにかく明るくて、すぐに緊張が解けました。

治療して頂いて、痛みなくプレーできるようになったことに驚き、同時にこういう職業もあるんだと憧れを抱くようになりました。

進路は専門学校と大学で悩みましたが、もっと高いレベルでバレーボールをしたいという思いが強かったため、大学に進学しました。

いざ大学に進学してみると、思っていた以上に辛く、何度も挫折しかけました。

それでも「上手くなりたい」「勝ちたい」という思いで続けてきました。

しかし、大学4年の夏に選手とぶつかり右肩を怪我してしまいました。

「ただの打撲だろう」そう思って病院にも行きませんでした。

1ヶ月経過しても挙上ができず、そのまま最後のリーグ戦が開幕してしました。

さすがにおかしいと思い、病院に行き整形外科のDr.から「今無理してやったとしても12月の全カレまでもたないかもしれない」と言われました。

まさか自分がこんな怪我をするとは思ってもいなかったので、絶望的でした。

「このまま引退していくのか…」そう思いながら、私はチームをサポートすることに徹底していました。

試合3日前の練習中、監督から

「このまま終わっていいのか?」「やるしかないんじゃないか?」そう言われました。

戻れるなら戻りたいという気持ちはありましたが、後輩が主体のメンバーだったので、今戻ってもチームにとってはマイナスなのではないかという気持ちがあり、戸惑いました。

しかし、チームメイトは「おかえりなさい」と私を迎え入れてくれました。

この時「この子達、このチームの為に勝ちたい」という気持ちが芽生え、私は再びコートに戻ることが出来ました。

痛み止めの注射や薬、テーピングに頼りながら、12月の全日本インカレまでプレーすることが出来ました。

満足のいくパフォーマンスではありませんでしたが、それでも4年間の中で1番楽しくプレーできたので悔いなく大学バレーを終えることが出来ました。

引退後、整形外科のDr.と相談し、手術を受けることにしました。

術後はリハビリなどを行い、現在は日常生活においても支障がないまでに回復しました。

村田 奈津実|福島市の桂はり・きゅう整骨院

これまでは、自分自身がバレーボールを続け、指導にも関わっていきたいと思っていましたが、怪我をしたことで、怪我に悩むことなくプレーできることがどれだけ幸せで難しいことなのかを肌で感じました。

これがこの道を目指すきっかけとなりました。

「人の為になる仕事がしたい」という思いが次第に強くなり、大学卒業後はバレーボールは続けず、専門学校に進学しました。

現在は専門学校に通いながら、研修生としてお世話になっています。

村田 奈津実|福島市の桂はり・きゅう整骨院今までバレーボールしかやってきていなかったので、勉強が心配ですが、頼りになる先輩が沢山いるので分からないことなどを聞いたり、教えて頂きながら成長し、立派な柔道整復師になるために頑張っていきたいと思います。

「誰かの為に」この思いがどれだけ自分自身を奮い立たせ、頑張る活力になったことか。

今後も「患者様の為に」という気持ちで、一人一人が抱える痛みや悩みに親身になって寄り添い、持ち前の明るさと元気で患者様をサポートできるよう日々精進してまいります!

これからよろしくお願いします!

No.4:本田 萌

Moe Honda

本田 萌|福島市の桂はり・きゅう整骨院

初めまして、本田萌です。
宜しくお願い致します。

プロフィール

【名前】本田 萌
【ニックネーム】ハル もえぴ
【誕生日】6月14日
【趣味】アニメ鑑賞と映画鑑賞
【好きな筋肉】程よい腹直筋
【座右の銘】
「意志あるところに道は開ける」

ライセンス

柔道整復師

ヒストリー

本田 萌

私は小学3年生から友人のすすめでバスケットを始めて、気がつけば県で1番を争う強豪校に入学し、バスケット中心の生活を送ってきました。

初めて整骨院に通ったのは、中学生のときだったと思います。

膝の下の骨が夜も寝れないくらい痛くて思うようなプレーができない日が続きました。

顧問の先生からのすすめで整骨院を紹介してもらい通ってみると、すぐ痛みは治り練習に励むことができました。

そこの整骨院は、たくさんスポーツ選手が通っており院長先生やスタッフの方が、とても明るく優しく治療をしてくれて雰囲気の良いところでした。

高校生になっても練習量が増えケガをすることが多くなり整骨院にお世話になる日が多くなりました。

ケガも増え新入生が入ってくると少しずつ試合に出れる時間も減り、全国大会に出場できないこともあり、モチベーションが上がらない日が続きました。

「辞めたい」と思ったこともあります。

でもそんなとき整骨院の先生方に

「今、辞めたら後悔する」

「私たちがはやく怪我治してあげるからまた頑張ろう」と背中を押してもらいました。

私が高校3年間.バスケットを続けられたのは、整骨院の先生方のお陰だと思っています。

進路の時期が近づいてきて

「自分も整骨院の先生たちみたいに、スポーツ選手を支えたい」

と思い、専門学校に進学することを決めました。

本田 萌|福島市の桂はり・きゅう整骨院

専門学校入学と同時にお世話になっていた整骨院に研修生として入りました。

いざ整骨院で働いてみるととても大変でしたが患者さんが帰るときに

「ありがとうございました」

と笑顔で帰るのを見て

「この職業を選んでよかった」と思いました。

免許を取得してからも研修していた整骨院に就職しました。

1年目はまだ知識や技術が足りず、自分ではどうにもできないこともあり、先輩の先生方に頼るばかりでした。

研修生のときからお世話になっていたのもあり、ぬるま湯に浸かっている状態でした。

「なにかをどうにかして変えたい」

そう思ったときに、桂太先生に会いました。

桂はりきゅう整骨院のことを聞き

「頑張って取得した免許なのだから、環境を変えてまた頑張ろう」と転職することを決めました。

本田 萌|福島市の桂はり・きゅう整骨院ずっとお世話になった整骨院を辞め、4月から桂はりきゅう整骨院でお世話になることになりました。

免許を取得して2年経ってるとは言え、まだまだ未熟者です。

新たな環境で新たな気持ちで、患者さんの笑顔が増えるように頑張りたいと思います。

「意思あるところに道は開ける」

これから宜しくお願いします‼︎

桂はり・きゅう整骨院のご紹介

TEL:024-529-7681お問い合わせアクセス
一番上に戻る
LINEで簡単予約!お気軽相談LINEで簡単予約!お気軽相談